フコイダンにはこんな効果を期待する事が出来る

免疫力の向上効果がある

フコイダンに含有されているのが、NK細胞やマクロファージという成分です。NK細胞は免疫力を担う役割があり、マクロファージは免疫力を活性化してくれます。がごめ昆布のフコイダンは特に、NK細胞の活性が高く働く事が分かっています。NK細胞は体内にウイルス等が侵入してきた時に、攻撃をしてくれます。これにより、病気になりにくい体や悪化を防いでいるのです。また食物繊維も多くふくまれているため、腸の状態を整えてくれて免疫力向上に繋がっています。

胃を守ってくれる効果がある

フコイダンはピロリ菌を除去してくれる成分として、流酸基が含まれています。フコイダンを摂取すると、胃の中にフコイダンがある状態です。フコイダンの流酸基が、胃の粘膜の流酸基に代わるのです。流酸基をピロリ菌は好物であるため、性質としてそこに吸い付きます。吸い付く事でピロリ菌を腸に流してくれるため、胃から無くなり守られます。これにより、胃の中が綺麗になり胃がん等の病気にかかりにくくもしてくれるようになります。

抗アレルギー効果がある

免疫機能は細菌やウイルスから身体を守ってくれるため、病気になりにくい身体にしてくれます。これと同時にアレルギー反応を起こす事により、最近やウイルスが侵入している事を教えてくれるのです。アレルギーが反応する時に関わるのが、IgE抗体です。IgEは免疫機能が正常でない時に過剰に生成がされて、過剰に反応する事でアレルギーが現れるようになります。フコイダンを摂取すると、免疫機能を整えると同時にIgEの過剰な生成を抑える働きをします。

フコイダンは、昆布やモズクなどの粘々した部分に多く含まれる食物繊維です。研究されるようになったのは1970年代からで、様々な効能が期待されながらも、解明されたデータは少ないのが現状です。