肌のたるみに!高周波で治療するサーマクールの3つの魅力

肌のたるみ治療ができるサーマクールとは

現在美容整形外科などの美容系クリニックで行われるたるみ治療には、肌や身体への負担が少ない方法も幾つかあり、その1つにサーマクールがあります。サーマクールは、たるみ治療の中でも2000年初頭に登場して以来世界中に普及した治療方法で、日本国内でも症例件数が多く実績のある治療法です。そして、その治療では、概して肌の深部にまで届く高周波のRF波を肌の上から照射し、たるんだ皮下組織を加熱することで引き締めます。また、特に回復期が必要なメス等を用いる施術ではない為、治療後にはそのまま帰宅して普段通りの生活が送れます。

サーマクールによる治療の特長

たるみ治療ができるサーマクールは、RF波により皮下組織を加熱することで、その中に存在するコラーゲンの変性により、たるみ部分を収縮させる独特な方法です。そして、治療は基本的に1回で完了し、その施術時間は30分から1時間程度で、照射前には必要箇所のマーキングとコンピューターを用いたテスト照射での調整により安全性を確保しています。また、照射後には保湿ケアのみで、後はメイクをして帰ることもできる程、利用者への負担の少ない特長があります。

サーマクールの効果の特長

サーマクールの効果に於ける特長は、皮下組織を熱により収縮させる為、照射後直ぐに引き締め効果が実感できる即効性があると同時に、長期的な効果も有しています。それは、加熱により一旦皮下組織にダメージを与えることで、その修復過程に於いてコラーゲン産生を促す作用もある点に起因します。つまり、個人差はあるものの照射後から1ヶ月から3ヶ月程度掛けて、自分の肌に最も適した自分のコラーゲンで肌にハリを与え、たるみを2段階で改善することができる特長があります。

サーマクールは、高周波を肌にあて、その熱で真皮層内のコラーゲンを収縮させ、皺やたるみを改善する美容機器です。